*
*

WEB2.0時代 RSSで最新情報を集めてもらう! - 大阪のホームページ制作会社の現場から

*
ホームページ制作の現場から ホームページ制作の現場から / 大阪

HOME > ホームページ制作の現場から

ホームページ制作の現場から
* ホームページ制作の現場から / 大阪
*

*
*
RSSで最新情報を集めてもらう!
*
企業のホームページのWEB2.0化を考える (2)
*
企業のホームページのWEB2.0化を考える (1)
*
WEB2.0的なユーザの行動
*
最近気になる、WEB2.0とは?
*
*
*
QRコードで情報に楽々アクセスしてもらう!
*
秘密のページで注目度UP!
*
*
*
ホームページの縄張りを解く!
*
「お客様の興味は十人十色」で売上UP
*
キーワードは「ここなら安心!」
*
お問合せ数や注文数アップの簡単シュミレーション!
*
「トップへ」って、どこのトップ?
*
リアルのサービスに学べ!
*
まずは、ユーザを知ることから
*
*
*
検索結果のGoogleマップに掲載する方法
*
終わりなきSEO対策
*
進化する検索エンジン。これからのSEOは?
*
*
*
ユーザにとって安心の「SSL」を導入する
*
ユーザにとって安心の「SSL」とは?
*
自社に合った携帯サイトの制作方法を考える
*
自社に合ったホームページ更新方法を考える
*
*
*
画像サイズ変換
*
パスワード自動生成
*
半角を全角に、ひらがなをカタカナに、その他文字変換
*
文字数チェック
*

【WEB2.0時代】RSSで最新情報を集めてもらう!

*

WEB2.0時代
ホームページ制作 大阪 RSSで最新情報を集めてもらう! ホームページ制作 大阪 企業のホームページのWEB2.0化を考える(2)
ホームページ制作 大阪 企業のホームページのWEB2.0化を考える (1) ホームページ制作 大阪 WEB2.0的なユーザの行動
ホームページ制作 大阪 最近気になる、WEB2.0とは?

最近いろいろなホームページで、RSSRSSXML マークをよく見かけるようになりました。
このマークはそのホームページが「RSSで最新情報を配信しています」というサインです。
今回はその「RSS」について考えていきたいと思います。


RSSとは? 〜RSSで最新情報が簡単に集められる〜

今日、インターネット上で配信される情報は日々増え続けていて、 お気に入りのホームページに一つ一つアクセスして、 最新情報をチェックしていくと時間がかかってしまうことがよくあります。
そこで、お気に入りのサイトの最新情報を効率よく収集するために考えられのが「RSS」です。
お気に入りのホームページが「RSS(RSSフィード)」という書式で最新情報を配信している場合、
ユーザーは「RSSリーダー」にそのホームページのRSSを登録しておくだけで
わざわざホームページにアクセスしなくても最新情報を知ることができるようになりました。

RSSリーダーは様々な会社が提供しています。(多くは無料です)
例えば私の場合はRSSリーダーとしてiGoogle(旧Google パーソナライズドホーム)を使用しています。
このページはGoogleにアクセスしたときのスタートページとして設定しており、
特にRSSリーダーということを意識せずに使っています。

ホームページ制作 大阪

各ホームページの最新情報がきちんと整理され見やすくなっています。
一目で最新情報を確かめられ、興味がある内容の場合のみアクセスすれば良いので
効率よく情報収集できるようになりました。


企業がRSSで最新情報を配信するには?

RSS配信のためにはRSSフィードを作成する必要があります。

RSSフィードの例(今ご覧の「ホームページの現場から」のRSSフィード)
RSS http://www.sairin-system.co.jp/index.xml

例のように最新情報を順番に記載したRSSフィードを作成する必要がありますが、
いくつか方法がありますのでご紹介します。

●ホームページにブログをお使いの場合

  多くのブログは、ブログの更新とともにRSSフィードが自動で作成されているはずです。
ブログに RSS などのマークがあり、クリックすると例のようなページが表示される場合は、
既にブログの最新情報をRSS配信しているということです。


●ホームページにブログをお使いでない場合

< パターンA >
RSSフィードを自動で作成するよう、ブログを導入する

< パターンB>
RSSフィードの書き方を覚え、ファイルを作成してサーバにアップロードする。
最新情報を配信したい場合にはRSSフィードを更新する。
(ホームページの知識のある方はこちらの方法が可能です)

< パターンC >
RSS作成ソフトを利用する
RSS配信したい内容を入力するとRSSフィードが作成されます。
(近日、当ホームページでも無料のRSS作成ツールを公開予定です)

< パターンD >
専用のRSS更新システムを導入する。
ホームページの更新と合わせてRSSフィードを自動で作成することも可能です。


ユーザへの情報提供を積極的に行なっている場合や、新商品がどんどん入るECサイトなどの場合、
RSSでの最新情報の配信は特におすすめです。
貴社のホームページを考える上でお役にたちましたら幸いです。

2007年9月10日
彩凛システム ディレクション担当  楠本直子

企業のホームページのWEB2.0化を考える (2)

*
ホームページ制作の現場から トップ

セカンドオピニオンとしてもご相談ください。
現在ご依頼されているホームページ制作会社様の手法や料金が妥当なのか、
異なる意見が聞きたい時など、ぜひご相談ください。
貴社と制作会社様との関係を大切に考え、秘密厳守で誠実にお答えいたします。(TEL 06-4967-8640)



ホームページ制作 大阪 | ホームページ制作の現場から | バナジウム水 通販